中華料理の宅配において、餃子を注文します。普通の焼き方の他に、両面焼きでも注文をしてみます。

中華料理の宅配を使って感じること
MENU
中華料理の宅配を使って感じること

中華料理の宅配では餃子を注文する

自宅において、餃子パーティーをすることがあります。事前に中身の餡を作っておきます。皮については、市販のものを購入しておいてもよいですし、自宅で作っても良いです。小麦粉などで簡単に作ることが出来ます。良いところとしては、包んだらすぐに焼くことができるところです。さらに、ホットプレートを利用すれば、テーブルの上などで焼くことが出来ます。出来上がるのを目の前で見ながらできるのが楽しいです。形が悪いものがあったり、きれいに包むことができていたり、言い合うことも出来ます。包むのがあまりうまくない時は、簡単に包むことができる道具も売られています。そういったものを利用して、どんどん包んでいくのも楽しいものです。

自分で作って食べる餃子も美味しいのですが、何より美味しいのは中華料理屋さんのものです。そこで、宅配してもらえるものを注文することにしてみましょう。近所のお店においては、単品料理からお願いすることができるところが多いです。以前はラーメンであったり、麻婆豆腐などを注文したことがありました。これらについては、一人分ずつを注文していました。餃子パーティーの時には、かなりの量の餃子を注文します。4人家族であれば、一人2人前ぐらいは十分食べることが出来ます。2人前では少し物足りないので、もう少し追加して10人前を頼むことにしました。餃子の頼み方として、流行りがあります。一言伝えると、その焼き方をしてもらえます。

最近のはやりの焼き方としては、両面焼きがあります。餃子は、片面がパリパリになっていて、もう一方がもちもちなのが特徴だと思います。両面焼きは、両方がパリパリになります。でも同じようなパリパリではなく、一方はモチモチ感も残しながらのパリパリです。それが人気とのことです。10人前頼むときは、5人前は普通の焼き方で、5人前は両面焼きににしてもらいました。餃子を頼むときは、専用のタレも注文するようにします。

Copyright (C)2014中華料理の宅配を使って感じること.All rights reserved.